活動内容ACTIVITIES

活動報告

男性看護学生向けのセミンアーをナース専科との合同で開催しました

10月16日に当会とナース専科の合同企画として、男性看護学生向けのセミナー ナースマンが語る『実習の乗り切り方と自分にあった病院選び』をオンラインで開催しました。当会からが役員を中心とするメンバー11名(実際に臨床現場や教育現場に従事する男性看護師、男性保健師)が参加し、実習の不安解決や臨床現場での男性看護師の現状などについて、お話をさせていただきました。当日の参加者は38名でした。

参加いただい男子看護学生からは、就職先の病院をどの様に選べば良いか、給料はどうか、男性看護師でよかったこと、男性看護師と女性看護師の関係など様々な質問があり、当会のメンバーの経験や現状を踏まえ回答しました。参加者からは、「男性看護師の生の声が聞けてリアリティーのあるコメントをきいた」、「先輩男性看護師さんがどのような思いで働いて、キャリアを積んでるかきけた」「男性看護師の働き方に特化した話を聞くことが出来た」といった感想をいただき、参加者にとって有意義な時間となりました。

当会としましても、今回の評価をもとに男子看護学生のニーズにあわせた企画を今後も積極的に開催していきたいと思います。

第6回 ナースマン・スクール を開催しました

2021年8月7日に第6回ナースマン・スクールを開催しました。

今回はコロナウイルス感染症の影響を考慮し、オンラインでの開催でした。現役の男性看護師や男子看護学生から話を聞ける時間を十分にとり、参加者の疑問や不安を解決を図りました。

参加者の学生さんからは、生の男性看護師や男子看護学生の話が聞けて良かった。といった感想がありました。今後も様々なかたちを模索しながらナースマンスクールを継続していきますので、皆様の参加をお持ちしております。

 

第6回ナースマンスクール表

延期となりました  第6回 全国男性看護師会交流集会&懇親会

第6回全国男性看護師会交流集会を開催します。

テーマ:「魅力ある職場をつくろう!俺流看護管理」

日 時:2020年2月29日(土) コロナウイスル感染症拡大により延期となりました

場 所:三重県立看護大学(三重県津市)

皆様のご参加をお待ちしております。

交流集会参加費:会員:1500円、サポート会員:1800円、非会員:3000円、学生:無料

全国男性看護師会懇親会を開催します。

日 時:2020年2月29日(土) 第6回全国男性看護師会交流集会終了後 延期となりました

場 所:津駅周辺の徒歩圏内となります(三重県津市)

懇親会参加費:5000円

第6回ポスター印刷用1第6回ポスター印刷用2

 

新型コロナウイルス感染症への対策とお願い

現時点では交流集会を、開催する予定ですが、今後の感染拡大状況に応じて、開催を中止する場合があります。

中止の場合は、本会ホームページにてお知らせいたしますので、必ずホームページをご確認ください。

交流集会への参加について

下記に該当される方は、交流集会への参加はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

なお、すでに参加申し込みされ交流集会を欠席される際は、本会事務局(jnamn@mcn.ac.jp)までご連絡下さい。ご連絡をお願いします。

・症状の有無に関わらず、中国湖北省または浙江省から帰国・入国された方あるいはこれらの方と接触された方

・症状の有無に関わらず、新型コロナウイルスに感染されている方と接触された方

・発熱、または、咳などの呼吸器症状がある方

交流集会参加にあたってのお願い

公共交通機関で起こしの方は、移動中も感染予防対策をお願いいたします。

交流集会開催中においても、感染症対策として手洗い、咳エチケット等の実施を徹底いただきますようよろしくお願いいたします。

スタッフがマスク等を着用している場合があります。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

第4回全国男性看護師会交流集会を開催しました。

平成30年3月24日(土)東京都の大田区産業プラザPIOにおいて第4回全国男性看護師会交流集会を開催しました。今回は初の関東での開催となり、年度末の多用な時期にもかかわらず全国から沢山の方にご参加いただき、盛会に終えることができました。ご参加いただきました皆様ならびにご支援下さいました皆様にこの場をおかりし、お礼申し上げます。当日の様子をご報告いたします。なお、当ホームページに掲載されている画像・その他は全て全国男性看護師会に帰属しますので、無断使用・転載・転用を固く禁じます。

第4回全国男性看護師会交流集会 開会

第4回のメインテーマは、今までとは少し方向を変え「日々の看護実践を探究しよう」としました。今回の交流集会は、シンポジウムとワークショップの2部構成としました。

第4回交流集会チラシPDF-1

s全体

シンポジウム

オリエンテーションに続き、「あらためて日々の看護実践を考える」をテーマにし、シンポジウムを開催しました。シンポジストは、北里大学病院 がん看護専門看護師の青栁秀昭氏、いわき明星大学 急性・重症患者看護専門看護師の樅山定美氏、そしての当会役員でもある聖マリアンナ医科大学病院 藤本泰博氏の3名をシンポジストにお招きしました。座長は、当会副代表の山田秀則と学生支援委員会委員長の岡山尭憲が努めました。フロアーからとの意見交換も活発に行われました(写真下)。

シンポ1シンポ2

 

 

 

 

 

 

 

シンポ4シンポ5

 

 

 

 

 

 

 

シンポ6

ワークショップ

シンポジウムに続き、交流集会ではおなじみのワールドカフェを取り入れた、ワークショップ「あなたの看護実践をともに探究し、明日にいかそう」を行いました。今回は例年と少し方法が異なり、ワールドカフェの前に個人ワークとグループワークを取り入れました。ワークショップでは、議論あり、笑いありの有意義な時間となりました(写真下)。

sGW2sGW1

 

 

 

 

 

 

 

GW3sGW4

 

 

 

 

 

 

 

sGW5GW6

 

 

 

 

 

 

 

発表

続いて、ワークショップの内容を発表していただき、全体で共有しました。いろんな意見があがりました。

発表1発表2

 

 

 

 

 

 

 

発表3発表4

 

 

 

 

 

 

 

発表5発表6

 

 

 

 

 

 

 

各グループのワークショップのまとめ

sまとめ2sまとめ1

 

 

 

 

 

 

 

 

sまとめ3sまとめ4

 

 

 

 

 

 

 

sまとめ5sまとめ6

 

 

 

 

 

 

 

sまとめ7sまとめ8

 

 

 

 

 

 

 

sまとめ9sまとめ10

 

 

 

 

 

 

 

sまとめ11sまとめ12

 

 

 

 

 

 

 

 閉会

有意義な一日となりました。ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。第5回全国男性看護師会交流集会でも皆様にお会いできますことを楽しみにしております。 全国男性看護師会役員一同

s全体集合写真

 

第3回ナースマンスクール

平成29年8月5日に三重県立看護大において「第3回 ナースマンスクール」を開催しました。前回に引き続き今回のナースマンスクールも、看護体験も取り入れました。当日は、愛知県や三重県から高校生と保護者の方の参加がありました。嬉しいことに今回は昨年度ナースマンスクールの修了生で、現役の男子看護学生が神奈川から応援に駆けつけてくれました。看護体験では、普段経験できない血圧測定や移乗の体験、モデル人形を用いてのバイラルサイン測定や胸骨圧迫などを体験しました。 参加者の皆さんは、受付を済ませると、白衣かスクラブ(写真では紺色のユニフォーム)の好きな方を選択し、更衣を済ませました。未来の男性看護師に変身です。
さあ、ナースマンスクールの開校です。まずは、看護体験です。

第3回ナースマンスクールHP用表

 演習5移乗演習4モニター

 

 

 

 

 

 

 

 演習3聴診

演習1

演習2胸骨圧迫

看護体験をしている時の参加者の皆さんのイキイキとした笑顔がとてもかっこよかったです。

看護体験に続き、現役の男性看護師と男子看護学生から日常の様子、やりがい、苦労などについての講話がありました。その後、グループに分かれ、疑問や不安などについて話し合いました。各グループには当会の役員や男子看護学生も一緒に参加しており、疑問や不安に答えたり、様々な助言をしたりしました。

グループワーク

話し合ったことを全体に発表しました。

グループワーク発表発表全体

 

 

 

 

 

 

全てのプログラム終了後に、閉校式を行い修了書の授与が行われました。参加者の皆さんお疲れ様でした。参加者全員で記念撮影をしました。JNAMN

閉会式

今回のナースマンスクールもご参加いただいた皆様にとって有意義な時間となりましたこと嬉しく思います。男性看護師はまだまだ少ないですが自分の夢に向かって頑張って下さい。全国男性看護師会はいつも皆さんのことを応援しています。困ったことや悩んだときはいつでも全国男性看護師会に連絡下さい。ご参加いただきました学生の皆様ならびに保護者の皆様、ご協力いただきました皆様にこの場をお借りし、お礼申し上げます。ありがとうございました。また来年もお会いしましょう。 全国男性看護師会役員一同