活動内容ACTIVITIES

活動報告

進路を考える日に出席しました

10月31日(土)に名古屋高等学校で、高校生が将来の職業について考える「進路を考える日」が開催されました。本会の活動をTVのニュースでご覧いただいた名古屋高等学校の先生よりお話を頂き、本会を代表し、副代表の山田、学生支援委員会委員長の上杉、広報委員の紀平の3名で男性看護師の歴史や看護の魅力等について、看護師に興味のある男子高校生を対象に講演を行いました。当日は、将来の職業として医療・看護系を考えている男子高校生10名に参加頂きました。まだ1年生ですので、看護師という職業は数ある選択肢の内の一つとは思いますが、「どうして看護師を目指したのか」、「看護師のやりがや魅力はどんなところか」など、熱心な質問も頂きました。今回の機会を通して、男子高校生が看護という職業を前向きに捉え、看護師を目指してくれることを全国男性看護師会としても願っています。
進路を考える日(山田)  進路を考える日(上杉)

 

 

 

 

 


写真左:男子高校生に講演する副代表の山田
写真右:男子高校生に講演する学生支援委員会委員長の上杉

島根県看護協会第1回男性看護師交流会への参加

今年度、島根県看護協会に男性看護師会が発足しました。10月31日(土)に島根県の男性看護師34名がビッグハート出雲に集い、第1回男性看護師会交流会が開催されました。交流集会の講師として本会代表の前田が「男性看護師がいきいきと働くために」と題し、基調講演を行いました。開催までに実行委員長と何度もやりとりをしました。その中で島根県の男性看護師の皆さんの男性看護師を盛り上げていこうとの熱い思いに触れることができました。また、交流集会を通しあらためて、男性看護師の現状や課題を再認識することができ、有意義な時間を過ごすことができました。そして、島根県の男性看護師の皆様の看護に対する思いや優しさを感じることもできました。縁結び出雲の国で沢山のご縁をいただきました。島根県の男性看護師の皆様と全国男性看護師会とのあらたな「つながり」に感謝します。島根県看護協会の春日会長はじめ男性看護師の皆様ありがとうございました。

 

photo20151129

写真:参加者集合写真( 島根県看護協会ホームページより)

スクール・オブ・ナーシング特別上映会に出席しました

9月26日(土)三重大学で看護学生の成長を描いた映画「スクール・オブ・ナーシング」(今春上映予定)の特別上映会が開催されました。そして、映画上映後に三重県出身の主演女優:桐島ココさんはじめ映画関係者と三重県内の看護学生および医療関係者とのトークセッションが行われ、全国男性看護師会から代表の前田が出席しました。 映画では実際の看護教員経験者が出演するなどリアリティーがあるとともに実習をととして成長する看護学生の姿が丁寧に描かれていました。看護師であれば誰もがうなずきたくなる場面が沢山あり、自身の看護学生時代を懐かしく思うとともに看護の初心を思い出させてくれる内容でした。とかく看護師や看護学生をテーマにしたテレビや映画では女性看護師や女子看護学生が中心ですが、この映画では、男子看護学生にもスポットが当てられており、とても嬉しく思いました。ぜひ多くの男子学生の方にも看護師という魅力ある仕事を目指していただけたらと思います。そしていつか、男性看護師や男子看護学生を主人公にした格好いい映画ができる日を心待ちにしています。上映会終了後のトークセッションでは、映画関係者からは映画制作で大切にしたことや苦労話を、医療関係者からは看護の魅力ややりがいについて話をしました。看護のすばらしさをあらためて感じることができたとともに、患者さんとその家族のために全国の男性看護師が活き活きと看護が実践できるよう、全国男性看護師会が果たすべき役割とその使命を再認識する機会にもなりました。

スクールオブナーシング

写真:映画関係者の皆さんとともに
左から プロデューサー:山際新平さん、当会代表:前田、主演女優:桐島ココさん、監督:足立内仁章さん

第1回ナース・マンスクール

8月17日に三重県津市で第1回ナースマン・スクールを開催しました。ナースマン・スクールとは、看護師に興味があるけど、色々よくわからなくて不安。実際に、男性が看護師として働けるの? 将来どんな道にすすめばいいの? 管理者、専門看護師?・・・そんな不安や悩みをもつ男子高校生や男子看護学生、看護師を目指す男性を応援し、サポートする場です。
今回のナースマン・スマンスクールでは、1.男性看護師・男子看護学生の話を聞こう、2.男性看護師にみんなで、質問・相談しよう、3.自分がなりたい男性看護師をみんなで考えてみよう、4.個別相談の内容で実施しました。

2015夏 ナースマン・スクール 
三重県内の男子高校生を中心に13名の参加がありました。現役の男性看護師や男子看護学生から看護のやりがいや男性看護師に期待されていること、男性看護師の苦労、学校生活の様子などの話を聞きました。その後、男子高校生が抱える様々な疑問や不安を解消するために男性看護師と男子看護学生を交えグループワークを行いました。
男子高校生からは、普段聞けない話が直接、男性看護師や男性看護師に聞けてよかった。看護師になる不安が解決された。さらに看護師になろうとの気持ちが強くなったといった、感想が聞かれました。終了後のアンケートからも、男子高校生にとって有意義な機会になったと考えます。

第1回ナース・マンスクール集合写真

第1回ナースマン・スクール集合写真

長野市民病院ワールドカフェに参加

2015年6月19日(土)に長野市民病院の男性看護師37名が集まりワールドカフェが開催されました。今回、長野市民病院でワールドカフェが開催された経緯ですが、当会が2月に開催した、第1回の交流集会「つなげよう見つけよう!!自分らしい男性看護師LIFE」に長野市民病院から4名の男性看護師が参加くださいました。交流集会終了後、ぜひ自施設でもワールドカフェを開催したいとの思いから、企画担当者を中心に長い時間をかけて準備を進めてこられました。ワールドカフェを企画するにあたり当会への相談もあり、有意義なワールドカフェが開催できればと協力をさせていただきました。当日は、当会代表の前田と役員の上杉が応援に駆けつけました。ワールドカフェは終始和やかな雰囲気で進みました。企画担当の方々の努力はもとより看護部の協力もあり、ワールドカフェは大成功に終わりました。まさに、当会の第1回交流集会テーマである「つなげよう見つけよう!!」のごとく、全国男性看護師会と長野市民病院の男性看護師の方が「つながった」と実感できる時間でした。人のつながりは本当に大切だとあらためて感じることができる時間でもありました。

RIMG0031長野カフェ4  RIMG0025長野カフェ様子                                      

写真(右上、左上):ワールドカフェで語らう長野市民病院の男性看護師

RIMG0016 (カフェ様子 )    RIMG0054長野カフェ3

写真(右上、左上):グループで意見をまとめ発表する参加者

長野市民病院男性看護師集合写真      RIMG0074長野市民病院集合

写真(左上): 本会代表前田(中央)、役員上杉(右端)と長野市民病院男性看護師集合写真                  写真(右上):ワールドカフェに参加した長野市民病院男性看護師37名 集合写真