活動内容ACTIVITIES

活動報告

男性看護職交流集会に参加

平成28年3月19日(土)、埼玉県看護協会主催の男性看護職交流集会 LIFE~明日へ~が開催されました。男性看護職支援検討会よりお声がけいただき当会役員の藤本、大森がシンポジスト、前田が座長として参加しました。第2回の埼玉県の男性看護職交流集会にも前田が参加させていただき、そのときのご縁が続いております。今回も全国の男性看護師との「つながり」を感じることができる機会となりました。

P1120627P1120734











写真左:講演する大森                   写真右:グループワークに参加する藤本
P1120744P1120793

 

 

 

 

 


写真左:シンポジウムの様子                  写真右:集合写真

交流集会には新人からベテランまで多くの方が参加されており、シンポジウム、グループワークを通して男性看護師のLIFEを考える機会となりました。当会のメンバーも楽しく参加させていただくことができました。男性看護職支援検討会の皆様、埼玉県看護協会の皆様に感謝申し上げます。そして、全国男性看護師会と皆様の「つながり」に感謝するとともに今後も大切にしていきたいと思います。

全国男性看護師会第2回交流集会

平成28年2月13日に名古屋国際会議場において、第2回全国男性看護師会交流集会「男性看護師のモヤモヤを吹き飛ばそう!~語らいから見つける明日への一歩~」を開催しました。当日は、北海道、九州をはじめ全国から150名を参加者が集まりました。9割以上は男性看護師の方ですが、男性看護学生や女性看護師の方にも参加いただきいました。
幅調整kouryusyukai (最終)-1
第1部の講演では、臨床心理士でもある鈴木誠 氏に「医療現場のストレス・モヤモヤを見つめるーストレスから学ぶ方法ー」とのテーマで講演をいただきました。
講演1講演2

 

 

 

 

 

第2部のシンポジウムでは、「モヤモヤの解消について考えよう」をテーマに3名のシンポジストによる発表と参加者とのディスカッションを行いました。3名それぞれのモヤモヤと解決方法について、自身の経験を踏まえてお話しいただきました。
シンポ1シンポ2









    写真左:シンポジストの原口弘章 氏           写真右:シンポジストの漆原治志 氏
シンポ3シンポ4

 

 

 

 

 

写真左:シンポジストの 松柳斉 氏

第3部のワールドカフェでは、「モヤモヤを解消し、明日からできることを見つけよう」をテーマに男性看護師が時間の経つのを忘れて語らいました。あちらこちらで笑い声を聞こえ終始楽しい雰囲気でした。皆さん笑顔がとても印象的でした。「ワールドカフェ楽しかった」との感想も沢山いただきました。
ワールドカフェ5ワールドカフェ6

 

 

 

 

 

ワールドカフェ4ワールドカフェ3

 

 

 

 

 

ワールドカフェのグループでまとめ発表しました。簡潔にそして楽しく発表していただきました。
ここでも、笑いが・・・
ワールドカフェ2ワールドカフェ1-1










ワールドカフェの一コマは、こちらから https://www.youtube.com/watch?v=99xwev5G4vk

最後にワールドカフェ参加者で写真撮影をしました。ご参加いただいた皆様ありがとうございました。来年も交流集会で皆様にお会いできることを楽しみにしております。きっと楽しい時間を共有していただけると思います。

                                                                                                                         全国男性看護師会役員一同
集合写真

 

 

第1回JNAMNセミナー

平成27年12月6日東京都において第1回JNAMNセミナーを開催いたしました。参加者は経験年数がさまざまで、臨床経験2年目のスタッフから主任、師長、看護部長までさまざまな立場の方が参加されました。セミナーのテーマは「キャリアについて考えよう」とし、目的を「男性看護師それぞれが自己のキャリアを見つめ直し、今後のキャリアデザインを考える機会とする」としました。
DSC_0043

 

進路を考える日に出席しました

10月31日(土)に名古屋高等学校で、高校生が将来の職業について考える「進路を考える日」が開催されました。本会の活動をTVのニュースでご覧いただいた名古屋高等学校の先生よりお話を頂き、本会を代表し、副代表の山田、学生支援委員会委員長の上杉、広報委員の紀平の3名で男性看護師の歴史や看護の魅力等について、看護師に興味のある男子高校生を対象に講演を行いました。当日は、将来の職業として医療・看護系を考えている男子高校生10名に参加頂きました。まだ1年生ですので、看護師という職業は数ある選択肢の内の一つとは思いますが、「どうして看護師を目指したのか」、「看護師のやりがや魅力はどんなところか」など、熱心な質問も頂きました。今回の機会を通して、男子高校生が看護という職業を前向きに捉え、看護師を目指してくれることを全国男性看護師会としても願っています。
進路を考える日(山田)  進路を考える日(上杉)

 

 

 

 

 


写真左:男子高校生に講演する副代表の山田
写真右:男子高校生に講演する学生支援委員会委員長の上杉

島根県看護協会第1回男性看護師交流会への参加

今年度、島根県看護協会に男性看護師会が発足しました。10月31日(土)に島根県の男性看護師34名がビッグハート出雲に集い、第1回男性看護師会交流会が開催されました。交流集会の講師として本会代表の前田が「男性看護師がいきいきと働くために」と題し、基調講演を行いました。開催までに実行委員長と何度もやりとりをしました。その中で島根県の男性看護師の皆さんの男性看護師を盛り上げていこうとの熱い思いに触れることができました。また、交流集会を通しあらためて、男性看護師の現状や課題を再認識することができ、有意義な時間を過ごすことができました。そして、島根県の男性看護師の皆様の看護に対する思いや優しさを感じることもできました。縁結び出雲の国で沢山のご縁をいただきました。島根県の男性看護師の皆様と全国男性看護師会とのあらたな「つながり」に感謝します。島根県看護協会の春日会長はじめ男性看護師の皆様ありがとうございました。