活動内容ACTIVITIES

活動報告

全国男性看護師会発足会を開催しました

平成26年7月5日(土)に三重県教育文化会館において全国男性看護師会発足会を開催しました。

当日の参加者は、男性看護師を中心に三重県をはじめ神奈川、静岡、奈良などから51名の参加があり、盛況に    終えることが出来ました。

伊藤挨拶前田講演

(左:開会挨拶する実行委員長の伊藤、右:全国男性看護師会発足の経緯を説明する本会代表前田)

第1部では、男性看護職への期待とのテーマで三重大学医学部附属病院副院長・看護部長 門脇文子氏、名古屋アイクリニック院長 中村友昭氏から講演をいただきました。

門脇氏からは、少数派であり良くも悪くも目立つことがあるが、目立つこと注目されることは逆に強みであるとの言葉をいただき、少数派であることを消極的に捉えず積極的に行動することの重要性をあらためて考える機会となりました。また、男性看護師のキャリアにつても様々な可能性があることをご紹介いただきました。

門脇全体NO2

中村氏からは、男性と女性の生物学的な違いから生じる行動や思考の両者の特徴などについてお話しいただきました。また、中村氏ご自身の経験から男性看護師の良さや期待すること、女性看護師とより良く協働するために心がけることなどについてもお話しいただきました。

中村講演

お二人から頂いた男性看護師への温かいメッセージは参加者の励みになったと思います。

第2部の交流会では、門脇氏、中村氏も交え参加者が4~5名にグループに分かれワールドカフェ形式で、【男性看護師の理想と夢】をテーマに話し合いました。お菓子とお茶を片手にリラックスした雰囲気の中で時には笑いも交えながら和気藹々と話し合いが進みました。今回は、発足会ということで、男性看護師の苦悩や問題、課題といったことには触れず、現実可能か否かはさておき、理想と夢について話し合いました。途中で、他のグループの話し合いの様子や内容を自由に見聞できる時間も設けました。

第2部風景3

第2部風景2

第2部風景1

そして、各グループから出された意見を発表していただきました。発表の中では、「男性看護師と女性看護師が1:1の病棟になるとよい」「男性看護師だけの病棟をつくってみたい」「かっこいい男性看護師になりたい」などなど色んな意見が出されました。発表を聞きながら、参加者はうなずいたり笑ったりととても和やかな雰囲気で、参加者の方お一人お一人の表情がとても素敵でした。最後に、[明日から出来ること]を一人一言書いて、交流会は終了しました。

発表2発表1

また、発足会の内容や運営について参加者の皆様にご記入いただいたアンケートからも良い評価をいただき、参加者の皆様にとって有意義な会になったのではないかと思っています。

集合写真

交流会で出された意見などについては、内容がまとまり次第皆様にご報告させていただきます。

2014年度 全国男性看護師会の活動やメンバーが講演・メディア等に取り上げられました。

  • 医学書院発刊の雑誌[看護管理]4月号に全国男性看護師のメンバーが参加した座談会の内容を掲載していただきました。
  • 7月1日に発刊された、伊勢新聞(広告特集)の監修を全国男性看護師会が行うとともに全国男性看護師会の活動と今後の活動予定が紹介されました。
  • 7月5日に開催した全国男性看護師会発足会の様子が、朝日新聞、中日新聞、伊勢新聞に掲載されました(各紙とも7月6日の朝刊)。
  • 7月5日に開催した全国男性看護師会発足会の様子が、NHKのニュースで放映されました。
  • 7月8日 CB news(キャリアブレイン)に全国男性看護師会で活動が紹介されました。http://www.cabrain.net/news/regist.do
  • メディカ出版発刊の雑誌[Nursing BUSiNESS(ナーシングビジネス)]9月号に全国男性看護師会の活動内容が掲載されました。
  • 8月22~23日に三重県津市で開催した全国初!看護師を目指す男子学生を対象としたサマーキャンプの様子が中日新聞、伊勢新聞に掲載されました(各紙ともに8月22日の朝刊)。
  • 8月22~23日に三重県津市で開催した全国初!看護師を目指す男子学生を対象としたサマーキャンプの様子が三重テレビのニュースで放映されました。
  • 10月30日に発刊された、日本経済新聞朝刊1面、「医出ずる国」に本会の活動が紹介されました。
  • 11月7日に滋賀県看護協会主催の男性看護職者研修会に本会代表の前田がシンポジストとして参加しました。
  • 3月16日に全国男性看護師会が開催した第1回交流集会の様子が朝日新聞(朝刊 社会面)で紹介されました。

2013年度 新聞・雑誌・テレビ・講演等で本会の前身である三重男性看護師会の活動が取り上げられました。

  • 朝日新聞、中日新聞、読売新聞、伊勢新聞、日本経済新聞で活動を紹介していただきました。
  • 医学界新聞(2013年11月18日発刊)に本会代表の前田と副代表の福田が男性看護師に関する内容を執筆しました。
  • 雑誌「看護」(2014年2月号)にて、三重男性看護師会の活動内容を紹介していただいました。
  • NHKホットイブニングみえにて、三重男性看護師会の活動内容を紹介していただきました。
  • NHKナビゲーション(2013年12月6日放送)「ナースマンが医療を変える~男性看護師の可能性~」にて、三重男性看護師会の活動を紹介していただきました。
  • NHKニュースウォッチ9(2013年12月10日放送)にて、三重男性看護師会の活動を紹介していただきました。
  • 埼玉県看護協会主催の男性看護職交流会 <男性看護職の未来(あす)>にて「男性看護職への思い、将来」とのテーマで基調講演(本会代表 前田)をさせていただきました。

第2回 講演&シンポジウムを開催しました。

第2回 講演&シンポジウム第2回 講演&シンポジウム

11月30日に三重県立看護大学において、本会の前身である三重男性看護師会主催による第2回講演&シンポジウム「あらためて男性看護師を考える-より良い看護を創るために-」を開催した。

第1部では、研究からみた男性看護師、看護管理者からみた男性看護師とのテーマで講演を行いました。講演に続き、第2部のシンポジウムでは、男性看護師について日頃感じていること、期待や課題などについて、三重県や愛知県の病院で就業する男性看護師長、女性看護師長、男性看護師、女性看護師それぞれの立場から発表をいただきました。その後、参加者の皆様と意見交換を行いました。会場から、患者さんにとっての男性看護師と女性看護師のよりよい協働方法や女性新人看護師への指導方法・接し方などについての意見がだされ、活発な意見交換の場となりました。

第2回 講演&シンポジウム第2回 講演&シンポジウム

 

 

 

当日の参加者は、三重県内で就業する男性看護職と女性看護職者、看護学生、看護職を目指す高校生ならびに北海道、九州、愛知、静岡、長野、石川、富山、奈良、広島、大阪、神奈川など全国からの参加者を合わせ111名でした。

そして、講演&シンポジウムに対し、多くの参加者の方から良い評価をいただきました。さらに、女性看護職者や女性看護管理者(看護師長・副看護部長・看護部長など)の方からも「男性看護師の現状が理解できた。」、「男性看護師への支援について検討する機会になった。」との意見をいただきました。

第2回 講演&シンポジウムポスター

第1回 男同志のトークセッションを開催しました。

男同志のトークセッション男同志のトークセッション

平成24年8月22日に三重県立看護大学において、三重県内で修学する看護職を目指す男子高校生と男子看護学生を対象に「集え!未来に輝くナースマン! 男性看護師と将来について語り合おう!」とのテーマでトークセッションを開催しました。

当日の参加者は、男子高校生と男子看護学生合わせて20名でした。

トークセッションでは、三重県内の病院で就業する5名の現役男性看護師が小児看護、成人看護、救急看護、手術看護、精神看護の立場から看護の現状や看護のやりがい、男性看護師の役割や苦悩について発表した。その後、現役の男性看護師総勢10名がファシリテーターとなり参加者の学生さんと意見交換を行いました。参加者の学生さんからは、「男性看護師の現状がよく分かった。」、「看護に今以上に興味が持てた。」、「男性看護師から直接話を聞く機会が今までなかったので良い機会となった。」、「次回の開催を希望する。」などトークセッションに対し、好評価をいただきました。

男同志のトークセッション

男同志のトークセッション ポスター